自分によく合った多汗症治療を

subpage01

皆さんは多汗症という言葉を聞いたことはあるでしょうか。

多汗症で悩まされている人は、日本の人口の約0.5%程度といわれています。



交感神経の反応が一般の人よりも強いことが原因とされており、体質で済まされるわけではなく、れっきとした病気です。治療を受けることで症状に悩まされることはほとんどなくなります。多汗症の原因と治療について、役に立つ情報を紹介していきます。

様々な大阪でレーザートーニングのサービスを安定して提供できるよう取り組んでまいります。

通常とされている多汗症は、特別な理由もなく手のひらや足の裏に大量の汗をかくものです。何らかの病気があって起こる場合は症候性多汗症と呼ばれています。

多汗症の主な治療についてですが、活発化しすぎた交感神経を遮断または切除することが基本となります。


アルコールを使用したり、手術によって交感神経の切除を方法が広く行われています。
多汗症治療では、手のひらや足の裏の汗の量を適度なものにするのではなく、汗を完全に止める治療になります。
汗が止まると皮膚が乾燥しやすくなりますので、治療後は、かさかさに乾燥します。
また、特定の部位の汗を完全に止めることにより、体の他の部分の汗が増える現象がほとんどのケースでみられます。

多汗症治療には副作用もあるということもよく考えたうえで治療に臨む必要があります。汗を完全に止めることには抵抗があるという方は、サプリメントの摂取がオススメです。

Girls Channelの情報を確認できるサイトです。

毎日摂取していくことで体の中から汗をかくことを抑えてくれますよ。よく考えて、自分に合った多汗症治療をしましょう。