気になるほうれい線を消す方法

subpage01

ほうれ線は、浅いタイプと深いタイプの2つの種類があります。



浅いほうれい線は、肌の表面が乾燥していたり、むくみが主な原因で、年齢には関係なく日頃の保湿ケアによって対策をとることができます。ただ、そのまま放置していると、肌の老化を加速させてしまい、深いほうれい線へと移行する可能性もあるので、気がついた時に対策をとることが大切です。浅いタイプは、紫外線の影響や空気の乾燥によって、肌表面の水分が失われることで、柔軟性がなくなりしわができてしまいます。またむくみは、本来なられるはずの老廃物が、塩分の摂りすぎや冷えなどで、顔に水分がたまってしまい起こります。


顔に老廃物がたまると、重力に負けて肌が下へとたるんでしまい、ほうれい線ができてしまいます。



一方、深いタイプは、肌の老化現象のひとつで、コラーゲンやエラスチン繊維の減少と筋肉の衰えによっておこるたるみが原因です。

このタイプは、完全に消すことは難しいため、浅い段階で適切なケアを行うことが大切です。
浅いほうれい線を消す方法は、肌表面の角質層に潤いと水分を与えることが重要なポイントで、必要な水分の蒸発を防ぐために、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分が含まれている化粧品を取り入れることが大切です。

またむくみケアとして、血行をよくして口周りの筋力をつけるエクササイズを続けることで、むくみを解消することができます。



深いほうれい線は、エクササイズとともに、肌の保湿をサポートしてくれるレチノールやビタミンC誘導体が配合された化粧品を使うと効果的です。